FC2ブログ

記事一覧

インターロッキングdiyで外構のポーチや駐車場の舗装はできる?

インターロッキング ブロックが主流の住宅市場


インターロッキングDIY (4)

一戸建て住宅では外構が“家の顔”になります。

敷地の境界辺りから玄関までの空間は、外構エリアで駐車場やポーチになります。

一戸建て住宅の外構で一番格安なのがモルタル仕上げで、施工費が安く施工期間も短いので住宅メーカーとしてはメリットが多い。

ただ、モルタル仕上げは耐久性が低いだけではなく、耐候性も劣るため劣化が早い。

それに比べてインターロッキングはデザイン性も優れていますし、手間がかかるので仕上がりが綺麗です。

「インターロッキングってどんなもの?」って思うかもしれませんが、道路の歩道に舗装されているものを見かけたことがあると思います。

インターロッキングDIY (5)

インターロッキング とは、レンガのような形状ですがコンクリートブロックをエクステリア用にしたもの

作り方の詳細は知りませんが、イメージとしてはコンクリートブロックを赤やグレー、オレンジやブラウンに着色したものです。

だから「インターロッキング 」や「インターロッキングブロック」などと呼ばれています。

レンガのような長方形や正方形をしたもの、波型や楕円など変形したものがエクステリア商品は多数あります。




外溝工事のことなら【ロイヤルガーデン】


家のエクステリアの他に歩道などに敷き詰められている一般的に施工方法です。

レンガでいいんじゃないかと思いますが、レンガのとの違いは丈夫で耐荷重が大きいことや耐用年数は30年以上です。

バイクや自転車だけでなく、車の重量でもインターロッキングが重さで割れることはありません。


インターロッキング ブロックを購入する方法


インターロッキングDIY (6)


インターロッキングのサイズは定尺で決まった大きさがあります。

多少メーカーによって異なるかもしれませんが、一般的にはコンクリートブロックと同じサイズ。

D200㎜×W100×H100㎜が多いですが、H60㎜サイズのものもあります。

どこで購入すればいいのか?

ホームセンターで販売しているものを見かけました。

私の場合、パワーセンターコメリとホームセンターコーナンPro、スーパーセンタービバホームの3か所です。

この3か所で販売していましたが、サイズが違うものと駐車場の舗装に使っているインターロッキングの色が違うものでした。

唯一、パワーセンターコメリだけは我が家の駐車場と同じタイプの色やサイズでしたが、購入については750個以上という条件付きで15平方メートル以上を一つの色でそろえる必要があります。

インターロッキングDIY (7)

一つの色で施工するのではなく2色や3色をモザイク状に配置することで仕上がりが綺麗になるので、2色揃えれば30平方メートル、3色揃えれば45平方メートルにもなります。

ホームセンターなら100円以下で販売しているのに自分が欲しいインターロッキングがないなら駐車場、ポーチの外構には使えません。

結局、インターネット販売で購入することになりましたが、インターロッキングの1個当たり150円ほどになりました。
※送料込みなので助かりました。


インターロッキングDIYするための揃えるもの


インターロッキングDIY (2)

我が家も駐車場には、インターロッキングで舗装されていました。

今回、大阪ガスの都市ガス工事のために花壇を潰して土だけになったところをインターロッキングを延長してバイク置き場にしました。

インターロッキングの施工方法は難しくないのでdiyでもできます。

材料は入りますが特殊な工具は不要なので、特にDIY向けと言えるでしょう。

主な材料や工具は、
  • インターロッキング
  • セメント
  • 珪砂(けいしゃ)
  • 当て木
  • ハンマー
  • 金コテ
  • スコップ
  • メジャー


インターロッキングは、面積から算出します。

セメントはホームセンターに行けば購入できますが、手に入りにくいのは珪砂(けいしゃ)です。

珪砂(硅砂・けい砂)は、珪酸分(SiO2)を主成分とする石英の砂で、天然珪砂・人造珪砂の2種類に分類されます。

■ 天然珪砂
石英砂の状態で、陸地で地層として分布したものや、河口や海岸で砂浜として発達したものです。

■ 人造珪砂
珪石原鉱を粉砕、篩い分けをして、砂状にしたものです。

一般的なホームセンターでは販売しておらず、パワーセンターコメリやホームセンターProなどなら売っていると思います。

砂の目が細かいものでブロックやレンガの目地に流して目を詰めるに施工します。

それ以外の工具や材料は、ホームセンターやインターネット通販でそろえることができるのでDIYでインターロッキング舗装することができます。




関連記事
サンシャインツアー
                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

証券会社ススメ

ブログランキング

にほんブログ村

FC2カウンター

車中泊グッズ紹介