FC2ブログ

記事一覧

夕暮れの金色すすきの絶景ポイント大和葛城山はおススメかも

穴場の葛城山ススキ情報がスゴイ


葛城山すすき (8)

秋も深まり読書やスポーツ、旅行が本格的に楽しめる季節になりました。

春のような彩のある花々が主役の季節とは違い、木々の紅葉の彩りが楽しめる秋。

今年は暑い日が続きましたが、11月に入って朝晩が寒いくらいです。

大阪府と奈良県の県境には生駒山を含め、二上山や金剛山、葛城山(大和葛城山)があります

ススキを見るなら今時期の大和葛城山がおススメです。

大阪や奈良からも登山ルートがありますし、奈良側からは葛城山ロープウェイで頂上まで行くことができます。

葛城山の頂上は高原になっているのでススキが綺麗です。

関西近郊のススキの名所も年々、規模が減っているようですが葛城山のススキは真っ盛りで壮大です。


東海からも近畿からもアクセスがいいのが曽爾高原のススキです。

参照:曽爾高原ハイキングマップ参照!すすきの見頃がそろそろです!

最近はススキの量が減っていることで知られていますが、駐車場はいっぱいで渋滞になることでも有名です。

1時間以上待って車を停める人も多く、鉄道やバスのアクセスもない。

関西なら葛城山へのアクセス、ススキのスポットなどを紹介したいと思います。


大和葛城山の山頂は遮るものがない


葛城山すすき (6)

大和葛城山の山頂は葛城高原ともいわれ高い木々がなく広がった地形になっています。

春頃にはつつじで真っ赤に染まる山頂も葛城山の名物でもありますが、秋のつつじは美しい。

見渡す限りのツツジの高原で写真を撮ったり散歩したり、お昼ご飯を食べたりと楽しめますが朝は東の空から朝日を浴びるツツジ、夕方は西の空から西日を浴びるツツジを見ることができます。

葛城山すすき (2)

山の頂上からは、大阪平野と奈良盆地が見られる絶景スポットで標高958mと遮るものが在りません。

奈良側には奈良盆地の若草山や大和三山を見下ろすことができ、大阪側はあべのハルカスや淡路島、明石海峡大橋も見えますし、二上山や金剛山の頂上も手に取るような距離です。

青空とススキのコントラストが最高に美しい。

ススキが広がる葛城高原は見渡す限りの精いっぱいの太陽を浴びています。

今回は、葛城山を登山目的で行きましたが、おススメは夕暮れの山頂のススキです。

葛城山すすき (5)

ススキは水平に光を受けると金色に輝きます。

関西にはいくつかのススキの名勝がありますが、山間に位置するところが多く日が暮れるのも早かったり日陰になることが多い。

ススキの写真を撮ったりするなら夕暮れが一番です。

秋の葛城山へのアクセスは登山するかロープウェイで頂上まで行くかです。


ススキを見るならロープウェイかな?


葛城山すすき (4)

大和葛城山の住所は奈良県となっています。

山頂にはロッジもあったり食堂、公衆トイレもあります。

大和葛城山(国民宿舎葛城高原ロッジ)
■ 住所
奈良県御所市櫛羅2569
■ 電話番号
0745-62-5083


山のてっぺんですが、宿泊施設もありますし食堂もあります。

私の場合、自宅から小型スクーターで葛城山へ行きました。

片道1時間ちょっとですが、比較的に道は走りやすく二上山を超えて葛城山へ行くだけです。

奈良側にはロープウェイ駅があるため駐車場もあります。

葛城山有料駐車場料金
■ 普通車・軽自動車1,000円
■ 大型バス5,000円
■ マイクロバス2,500円
■ 単車200円
※駐車場は24時間


土日祝は第一駐車場が9時ころには満車になりますが、第二駐車場と第三駐車場に停めるなら遅い時間でも大丈夫そうです。

私の葛城山登山の時間は上りが1時間40分、下りが1時間20分ほどでした。

最近の葛城山は台風の影響で山崩れが多発して登山道が荒れている印象を受けました。

葛城山すすき (3)

実際の登山コースを迂回しなければならない状況や通行できない登山コースもいくつかありました。

ヤマップのコースから外れたりしながら葛城山頂のすすきを目指します。

葛城登山の特徴は奈良側は急斜面のコースがあること。

登山コースが崩れていたりするので小さい子どもさんは少し大変です。

比較的に日陰が多いので山道ですが暑い時期でも安心かもしれませんが、急斜面を歩くのは大変です。

登山が目的かススキが目的かによって違いますが、夕暮れのススキを目指すならロープウェイも選択肢に入れましょう。

奈良側からの葛城山ロープウェイは片道950円、往復1,500円です。

葛城山ロープウェイ登山口駅から登山駅までは約6分です

ロープウェイの登山口駅と山上駅の発着時間は同じで、平日は9時10分発で最終は17時00分です。
※土日祝も同じですが、季節によって異なる。

30分間隔の運行なので葛城山頂で夕暮れのススキを堪能してロープウェイなら17時00分で降りることができます。

乗り過ごしたら山を下りていかなければなりませんが、日が暮れて暗くなるのでヘッドライトなどは持参しておいたほうがいいでしょう。

葛城山すすき (1)

登山コースは荒れています。

クジラの滝コースはなんとか歩けますが、北尾根コースは登山ルート崩壊のため通行止め箇所があり迂回ルートを通らなければならいため遠回りになります。

かつらぎ登山するなら事前に登山コースはチェックしておきましょう。

関連記事
サンシャインツアー
                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

証券会社ススメ

ブログランキング

にほんブログ村

FC2カウンター

車中泊グッズ紹介