FC2ブログ

記事一覧

24時間営業?梅田の金券ショップ自販機を調べてみた

24時間営業の金券ショップ自販機


梅田金券ショップ24時間 (3)

大阪の梅田には金券ショップが20店舗以上あります。

駅前第1ビルから第4ビルのB1階からB2階までは金券ショップ銀座として有名です。

以前からも何度か金券ショップについて紹介したことがありますが、今回は自動販売機についてです。

梅田駅前の金券ショップの営業時間は9時30分から19時頃まで、ほとんどのお店が日曜や祝日は定休日になっています。

旅行や急な出張で新幹線のチケットなどを購入したいときに助かるのが金券ショップの自販機です。

チケットショップの自動販売機も販売許可が必要なので、ほとんどの金券ショップは設置しておりません。

先日、駅前ビル周辺に歩いて見つけることができたのは3か所のみです。

24時間営業と販売時間を記載していますが、地下街は24時間オープンではないので注意しなければなりません。

私が見つけられた3か所の金券ショップ自販機を紹介したいと思います。


一番人気は第2ビルのCABIN


梅田金券ショップ24時間 (4)

大阪のチケットショップで勢力が伸びているチケットCABIN(キャビン)。

梅田にも4店舗ほどありますが、チケットキャビンの自動販売機が設置されているのは大阪駅前第2ビルにある「第2ビル東店」です。

チケットキャビン 第2ビル東店
■場所
大阪市北区梅田1-2-2
大阪駅前第2ビルB2F
■ 営業時間
平日10:00~19:30
土曜日10:00~19:00
日・祝10:00~18:00
■ 電話番号
06-6346-5600


お店で確認するとチケットの自動販売機が使えるのは大阪駅前第2ビルがオープンしている時間帯とのことなので24時間は利用できません。

地下街は24時間オープンしておらず、だいたい大阪メトロやJR、阪神電鉄などの鉄道各社の始発から終電までのようです。

チケットキャビン自販機

チケットCABINの自販機では、新幹線チケットや全日空(ANA)の株主優待券、スパワールド、近鉄や阪急などの私鉄各社の乗車券、大阪から伊丹空港までの空港バス券が販売されています。

利用者が多いのか新幹線のチケットは、「新大阪-東京」「新大阪-名古屋」「新大阪-博多」「新大阪-広島」などラインナップが豊富です。

使えるのはお札は10,000円札・5,000円札・2,000円札・1,000円札で硬貨も使えますし、領収書の発行もできます。

チケット24時間連絡先

営業時間外は留守番電話になるようですが、自動販売機に関する問い合わせは「06-6347-0047」となっています。


第4ビルのジャパンギフトサービスにも設置


梅田金券ショップ24時間 (1)

次に紹介するのは、こちらも大阪の金券ショップで老舗ともいえるジャパンギフトサービスです。

ジャパンギフトサービス 梅田4ビルB2西店
■ 場所
大阪市北区梅田1丁目11番4-B200号
大阪駅前第4ビルB2階
■ 電話番号
06-6456-2177

大阪駅前ビルに5店舗あるジャパンギフトサービスですがチケット自動販売機が設置されているのは駅前第4ビルの1店舗のみ。
大阪駅前ビル4自販機

こちらも24時間オープンとしたいのですが、大阪駅前第4ビルの営業時間は鉄道各社の始発から終電までとなっています。

新幹線チケットのほかにJR終日切符として大阪環状線や「大阪-京都」「大阪-三ノ宮」、クオカードや図書カードも販売しています。

チケット自販機では、領収書の発見がありませんが新幹線チケットの封筒には領収書が入っているようです。

梅田金券ショップ24時間 (5)

ジャパンギフトサービスについても故障や不手際等による連絡先があり、「06-6456-2177」に留守番電話メッセージを残すようにとなっています。

使えるのはお札は10,000円札・5,000円札・2,000円札・1,000円札で硬貨も使えますし、領収書の発行もできます。


阪神梅田駅前のチケット自販機


阪神梅田金券ショップ

最後に大阪駅前ビルではなく阪神電鉄「梅田」駅前にある金券ショップの自販機を紹介します。

昔から気になっていた金券ショップですが、ホームページで確認すると阪急阪神東宝グループのチケットショップのようです。

阪神アイビーチケット梅田店
■ 場所
阪神梅田駅 百貨店口(B1階)
■ 営業時間
11:00~19:00

阪神アイビーチケットの金券ショップ自販機の特徴は、自販機が複数台あることです。

阪神梅田チケットショップ自販機

JR各社の販売をしている自販機が店舗の南側、新幹線チケットは店舗の北側にあります。

販売時間については24時間となっていますが、こちらも地下街がオープンしている時間帯になります。

阪神アイビーチケットの南側のチケット自販機では、JR各方面の切符が販売されており、「JR神戸・宝塚方面」と「JR京都・滋賀方面」の2つの自動販売機が設置されています。

梅田金券ショップ24時間 (2)

10,000円札や5,000円札も使用できます。

24時間オープンしている金券ショップ自販機があればいいのですが、セキュリティーや地下街のオープンしている時間帯などを考えると難しいようですね。

ICカードやネット予約ができるようになって乗車券(切符)や新幹線チケットの利用も激減しました。

お得にチケットを買うなら梅田のチケットショップ、そして営業時間外なら自販機を使って購入すると節約できます。

関連記事
サンシャインツアー
                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

防災グッズ

ブログランキング

にほんブログ村

FC2カウンター

車中泊グッズ紹介