FC2ブログ

記事一覧

信楽でランチのおすすめは陶芸もできる澤善幸せ創造館だ!

今、人気!朝ドラの舞台になった信楽


澤善ランチ (6)

今、信楽町が密かに注目スポットになっています。

ご存知の通りNHKの朝の連続テレビ小説の『スカーレット』の舞台となっているからです。

女優の戸田恵梨香さんが演じる川原喜美子という女性陶芸家の波乱万丈の物語です。

【物語】
戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。
両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。

15歳になった喜美子は、大阪で就職し、新たな出会いによって、さらに成長する。
信楽に戻ったのちは、地元の信楽焼に惹(ひ)かれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込む。陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まる。

やがて愛する男性と結婚し、二児を授かった喜美子。
仕事も家庭も、と、まい進の日々が続く。
だが、結婚生活は思惑どおりにはいかない。

最愛の息子は陶芸の跡継ぎとなるも、やがて別離が。
喜美子の人生は波乱万丈だが、その中で陶芸への情熱は変わらず、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだす。

陶芸家として独立したものの、貧乏は相変わらず。だが、困った人を見捨てておけない彼女を、頼る者は後を絶たない。
なかでも、喜美子の陶芸そして人柄に惹かれて集まった若者たちを、我が子同様に愛し、見守り、育てていく。

彼女がつらい状況にあるときに支えるのは、かつて助けた人たち。喜美子は陶芸の道に再び希望を見いだし、新たに絆を結んだ人たちとともに歩んでいく。
(NHKホームページより引用)



私も年に数回は信楽へと足を運びます。

自分で陶芸体験したり美味しいものを食べに行ったりと魅力はいっぱいです。

信楽で何か所かランチを食べたことがありますが、リーズナブルで信楽らしいランチスポットの澤善幸せ創造館はおすすめです。


関西や名古屋方面からも少しアクセスが悪かった昔に比べて、新名神高速道路の信楽インターができたので便利になりました。

私が住む奈良からは生駒の高山を超えて、国道307号で行けば1時間30分ほどです。

高速道路で行くより下道の方がアクセスが良くて移動距離が短いんです。

今回はフォレストアドベンチャー栗東の帰りに立ち寄った昔ながらのお店でランチをしました。


観光地でお昼頃にランチを食べようと思えばお店を探すのが大変です。

信楽の街は、陶芸で有名ですが狸の置物も最近はあまり売れないのだとか。

それでも比較的に手頃な器なども売っているので興味が湧いたら買えるものもいっぱいあります。

今回は、国道307号沿で中心部から少し離れたところにあるランチが食べられる食事処とお土産屋さん、登り窯が無料見学できる
を紹介します。

まずは、澤善幸せ創造館の食事館からです。


信楽焼の器がステキな食事処


澤善ランチ (3)

澤善幸せ創造館の食事館を紹介するのにレストランというべきか食堂というべきか迷ったので食事処にしました。

土日のランチタイムは賑やかになることもあります。

信楽 澤善幸せ創造館
■ 住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨1424-1
■ 電話番号
0748-83-0215
■ 定休日
年末年始
※お食事館およびおみやげ館は不定休
■ 営業時間
お食事 11:00~15:00
陶芸教室 10:00~16:00(最終受付15時まで)
お土産館 9:30~17:00
宿泊 チェックイン16:00~チェックアウト10:00
■ 駐車場
普通車50台
大型車30台


ちょっと寂れた雰囲気といったことが本音です。

でも、お店の中は綺麗ですし清潔感があります。

昭和感がありますが、そんな趣もいいでランチをするならおすすめです。


頼んだメニューは、「さわちゃんセット」です。

澤善のこばらランチとして「さわちゃんセット」と「ぜんちゃんセット」があり、どちらも980円(税込み)です。

澤善ランチ (8)

なぜか「さわちゃんセット」は、ざるそばとからあげ、小鉢がセットになったメニューでコーヒー(ホットorアイス)もついてきます。

そして感動したのは小鉢の煮物で信楽たぬき味噌がおいしい。

澤善ランチ (10)

器(うつわ)も信楽焼きを使用されているようで、リーズナブルなランチなのに高級感が味わえて満足です。


信楽では、鶏肉ブランドがあるらしく「近江しゃも」「近江黒鶏」「近江鶏」が有名のようです。

名物は親子丼なんだとか。

澤善の親子丼

親子丼は「近江しゃも」「近江黒鶏」「近江鶏」の3種類があって、2,050円・1,630円・1,420円となっています。


澤善のランチで食べられる親子丼の特徴は、溶き卵と生卵が組み合わされており「田舎べっぴん卵」といういブランド卵が食べられます。

食事館の座席数は50席以上あるので団体客も裁けそうです。

建物をみると不安に思ってしまうかもしれませんが、ランチの味はおいしいですし器も工夫されており私的にはおすすめです。


宿泊施設・お土産屋・のぼり窯


澤善ランチ (7)

信楽澤善幸せ創造館なら食事館でランチした後にお土産屋さんやのぼり窯の自由見学ができます。

併設されているお土産屋さんては、信楽名物の銘菓や定番のタヌキの置物などが買えます。

信楽焼狸

あとは、のぼり窯の自由見学です。

昔は使われていたであろう窯元ですが、今は火が入ることなく見学のために保存されているようです。

のぼり窯

いろいろ資料も展示されていたので、ちょっと信楽焼きを勉強したい人にもおススメです。

また、実際に陶芸教室で体験もできるようなので、ランチとセットで訪れてみるのもいいですよね。

滋賀県信楽町は宿泊施設が少ないのですが、信楽澤善幸せ創造館内に一泊6,800円(2食付き)の光雲荘があるので信楽観光にもいいですね。

ランチを食べたときにNHKのスカーレットのことを聞いたら信楽町での撮影は、ほぼ終わっているのだとか。

ギャップがある澤善幸せ創造館のランチは味に間違いなしのおすすめスポットです。





関連記事
サンシャインツアー
                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

防災グッズ

ブログランキング

にほんブログ村

FC2カウンター

車中泊グッズ紹介