FC2ブログ

記事一覧

富士見高原リゾートでカートに乗って癒されるのもいいのでは?

今、密かに人気のあるアトラクション?


富士見高原リゾートカート (1)

中央自動車を走るのって気持ちいいです。

山登りを趣味にしている私ですが、中央アルプスや南アルプス、八ヶ岳や富士山を見るとワクワクします。

大きい範囲では八ヶ岳になりますが、山梨県側では八ヶ岳リゾートといった表現、長野県側では富士見リゾートといった言い方になるようです。

今回は、富士見高原リゾートについて紹介したいと思います。

富士見高原リゾートは長野県にある温泉やホテルを中心としてゴルフ、ハイキング、スキーが楽しめるアクテビティスポットです。

富士見高原スキー場

その中でも癒しの乗り物として“天空の遊覧カート”が密かに人気です。

リフトやゴンドラ、ロープウェイなどの乗り物はありますが、カートに乗って標高1,420mまで行けるのは富士見高原リゾートだけではないでしょうか?

いつもと違う体験に興味津々で行ってみました。


富士見高原リゾートのカートはのんびり楽しい癒しのアトラクションです。


自動運転のカートって楽しいの?


カート乗り場

富士見高原リゾートのカートを体験してみましたが、癒しの時間を楽しめます。

まずは、富士見高原リゾートの駐車場へ。

富士見高原リゾート
■ 住所
長野県諏訪郡富士見町境12067
■ 電話番号
0266-66-2121

天空の遊覧カートの駐車場は、富士見高原リゾートの第二駐車場か第三駐車場へ停めなくてはなりません。

駐車場料金は無料で100台以上は停められそうです。

天空の遊覧カートは例年、同じような営業期間のようですが、2019年については4月1日から12月8日となっており冬季は営業していないようですね。

天空の遊覧カート
■ 営業期間
4月1日(月)~12月8日(日)
※2019年営業期間
■ 営業時間
9:30〜16:00(昼の部) 
18:00〜21:00(20:00受付終了)
※ナイトカート・毎週土曜と夏季に運行
■ カート移動時間
上り25分 / 下り20分
■ 料金   
大人1人800円
子ども1人500円(3歳〜小学生)
※3歳未満は無料
■ 乗車定員
1台4人乗り(5人目が3歳以下の場合は乗車可能)


申込・受付は、遊覧カート乗り場で直接行い、割引チケットなどは調べた結果見つかりませんでした。

遊覧カート乗り場は、ホテル八峯苑の裏側と少しわかりにくいですが案内板を頼りに行けば大丈夫です


まずは、カート乗り場で受付してお金を支払いカートが来るのを待つだけですが、カートに乗れば途中下車できないので注意。

富士見高原リゾートカート (2)

乗車距離は、往復約2.9kmなので片道1.5kmほどなんですが、時速4kmほどでゆっくりとジグザク進んでいくので、風が気持ちよく春から秋ごろまでは自然の涼しさを体験できるのではないでしょうか。

このカートってどんなものか気になるかもしれませんが、ゴルフ場にある無人カートで自動運転のためハンドルはありますが握らなくても勝手に進みます。

天空の遊覧カートは、誰もが気軽に標高1,420mの雲上まで登れる自動運転カートです。

途中、しらかばの原生林がとてもきれいで空の青としらかばの木の白、そして若芽の緑のコントラストが美しい。

富士見高原リゾートカート (2)

標高差200mの頂上までは25分間で到着するのですが、終点の「望郷の丘展望台」からは、日本三大高峰の富士山・南アルプスの北岳・北アルプスの奥穂高岳を望む180度の大パノラマに感動です。


創造の森でハイキングしよう


富士見高原リゾートカート (4)

天空の遊覧カートに乗り込んで25分ほどで山頂の望郷の丘展望台へ。

ここからの創造の森です。

展望台からのは気持ちいほどの解放感があり絶景が楽しめます。

そして創造の森の一周20分ほどのハイキングコースを歩いてみます。

ハイキングコースはしっかり整備されており、比較的に平坦な道をのんびり歩けるのが気持ちよく、ところどころに芸術的なオブジェの作品が置かれています。

これが創造の森の由来でしょうか。

また、休憩スポットもいくつかあり、そこからの景色がいい。

富士見高原リゾートカート (1)

シャクナゲやツツジも植えられているので草花の散策も楽しそう。

ちなみに山頂にはトイレが一か所あります。

富士見高原リゾートカート (4)

下りは20分ほどのカートに乗らなくてはならないので、気になる人は立ち寄りましょう。

また、山頂にはレストランや食事処がなく自動販売機のみがありました。
※シーズンによってはイベントで店舗が出ている場合あり。

せっかく天空の遊覧カートに乗って来たのだからお弁当などを持ってきて山頂で食べるのもいいかも。

富士見高原リゾートカート (3)

テーブルとイスがいくつかあるので、座ってランチできます。

バリアフリーへの取り組みも積極的に行っており、子どもやお年寄り、障がいをもっている人も楽しむことができるように工夫されています。

富士見高原リゾートでは、ユニバーサルフィールドと呼んでいるようです。

タイヤが大きいアウトドア車いすが富士見高原には現在7台あり、施設内では無料で利用できるようです


望郷の丘までは、登山ルートがあり徒歩でも行けます。

ただし、下りだけカートを利用することはできません。

5月4日から11月30日までの土日祝」と「7月13日から8月31日(毎日運行)」には、夜のナイトカートとして18時から21時までカートが楽しめます。

ライトアップされたハイキングコースやしらかば原生林、星空観測などができるので人気のようです。

遊覧カートは望郷の丘に行くだけでなく花の里エリア(2ルート)もあるようなので、お花畑をカートで散策する人にもおすすめです。

カートに乗って移動するなんて、いつもとちょっと違う体験にいかがでしょう。

ペット同伴可能ですし、小さい子どもさんやお年寄りにも優しい乗り物です。
関連記事
サンシャインツアー
                 

コメント

こんにちは。

いつも、詳しく情報を教えてくださって、ありがとうございます。トイレのことまで記されているので、安心です。
↓前の記事のつつじロール、来年行きたいです。アジサイの時期にあの辺にいきましたが、こんなきれいなつつじがあるのは知りませんでした。

Re: こんにちは。

てのりぱんださん、こんばんは。
コメントありがとうございます。つつじはおススメですよ。私も今まで知らなかったのですが行ってみてよかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

車中泊グッズ紹介

バイク商品

にほんブログ村

FC2カウンター

証券会社ススメ

ブログランキング